良い看取りと暮らしをおくるために生活便利サービス情報をお届けします。

コミュニティー調査結果一覧

  • 満足度
  • 費用
  • 世帯率

一般化してきた家族葬:葬儀のスタイルそのものが変化してきています

葬儀にかかる平均費用は200万円

日本での葬式にかかる費用は平均は約200万円と言われています。
安いか高いかと一言で言えるものではありませんが、大きな出費であることは間違いありません。
冠婚葬祭のスタイルは近年大きく変わってきました。
葬儀にかかる費用について、家族葬との比較から考えていきたいと思います。

冠婚葬祭そのもののスタイルが変化してきています

人生の大きなイベントである結婚式のスタイルもさまざま。
これと同じように葬儀の形式や規模や内容もそれぞれの親族・故人のお葬式に対する考え方や予算等によって、実にさまざまです。
一般的な葬儀の流れは、夜通夜を行い、翌日葬儀・告別式、そののち出棺、火葬というものです。地域によっては先に火葬する場所もありますが大多数はこの流れで行います。

お通夜や告別式の役割も時代と共に変化してきました

かつては通夜は近親者のみで行い、翌日の葬儀に友人など列席者を迎えるという形が多く見られましたが、最近は葬儀に都合により出られない場合などに通夜に近親者以外が列席することも見られるようになりました。
また、昔は隣近所が手伝いをして弔いに遺族が専念できるように、というものでしたが、近所付き合いの希薄となった現代ではあまり行われず、地方の近所付き合いの濃い地域のみに残っています。
このようなそれぞれの生活スタイルの多様化や地域のつながりの変化に伴い、家族葬という新しい葬儀の形が生まれました。
遺族と近親者のみで行うこれまでの葬儀に比べコンパクトな新しい葬儀として、いま注目されています。

コンパクトな家族葬で安心しておくってほしい

家族葬にかかる平均費用は約100万円と一般的な葬儀と比べると価格が抑えられることからも、現代のニーズに合っていると評価され、各葬儀会社も家族葬のためのコンパクトな料金パックプランを提示しています。
遺族や特に親しい方だけが弔門できることが、故人にとっても残された遺族にとっても両方ともに最期の素敵なお別れになるのであれば、これから家族葬は葬儀のスタンダードになるでしょう。どういった葬儀にするかということを生前に家族で話すことはなかなかしにくいものかもしれません。
しかしどういったお別れをするのか、誰に列席してもらいたいか、予算はどれくらいかなど、家族と話し合う時間をもつことは大事なことです。
残された家族がもめることなどないためにも、家族の最期について話し合って決めることが必要です。

新しい投稿